インスタグラム集客 飲食店編 参考事例あり

こんなお悩みありませんか?

「飲食店でインスタ使って集客するにはどうすればいいの?」

「どうやってインスタを使えば、集客がうまくいくのか知りたい!」

インスタで食事だけの投稿していてもなかなかフォロワーは増えないので、来店につなげることは正直難しいです。

しかしですよ、本当は飲食店とインスタの相性は抜群にいいんです。正しくインスタを活用すればたくさんのお客様を来店につなげることが可能です。

おまけに一度来て頂いたお客様をリピーターにすることもできます。

実際に弊社でコンサルさせていただいたお店はどのお店も例外なく集客がお上手です。

そこ今回は飲食店がインスタを活用して集客する方法を成功事例などを交えて解説していきます。

これからインスタ使う方はぜひ参考にされてみてください。

飲食店がインスタを活用すべき理由

飲食店がインスタを活用すべき理由は

・広告費用が一切かからない
・認知度を高められる
・フォロワーが増える=ファンが増える
・リピーターを囲い込める
・箔がつく
・行きたい!と思わせることができる


あげたらキリがないくらい出てきます。

広告費がかからない


多くの飲食店はポータルサイト(ぐる◯び、食べ◯グ、◯ットペッパーetc)に高い広告費を払って掲載しています。月5万円以上かけているお店はやまほどあります。

お店によってはもっとお金かけていますよね。 僕から言わせてもらうと無駄ですね。

インスタであれば店舗や個人で運営する限り、費用は一切かかりません。

お金がかけずに集客できるインスタは使うべきです。

認知度を高められる

ぐ◯なびや食べログだと、上位に表示したり高評価がないと認知度を上げていくことは厳しいですよね? 食べ◯グやぐる◯びでもマーケティング知識があれば、上位表示をさせることもできなくはないです。

でも、お店を運営しながらマーケティング知識を学習し、実践するまでにかなりの労力と時間を要しますよね。

ただ、インスタであれば日常的に活用しているため、ちょっとした工夫でフォロワーを増やすことができます。比較的運用も簡単ですので、正しく活用できれば認知度をあげることができます。認知が広まれば来店数を増やすことができます。

フォロワーが増える=ファンが増える

ぐる◯びや食べ◯グなどで来店したお客様で、2回目に来店する確率はどのくらいでしょうか?店舗によりますが、高いとは言えないほうが多いでしょう。

でも仮に、インスタであなたのお店をフォローして、さらにLINEにも登録してくれているならば、来店してくれる回数は確実に増えます。

つまり、お店との関係性を濃くしていけばリピートする確率が上がるということです。意外と知られていませんが、インスタからLINE公式アカウントにお客さまを囲い込めばリピーターはめっちゃ増やせます。今回はインスタの話に特化していくのでまたこの話は別のところで、、、

インスタは、フォロワーさんのフォロワーが多ければ多いほど、拡散するし、友人や知人の声は信ぴょう性が高いので、来店に繋がる可能性は格段に上がるのです。

ユーザーの行きたいを引き出せる

興味のあるお店をタグ検索して、投稿されている料理の写真や店内の雰囲気を見てから来店を決めるユーザーも少なくありません。

そのため、インスタユーザーの「行きたい」を引き出せば、来店促進が期待できます。

現在、お店のインスタを運用している方は過去の投稿を見てみてください。ユーザーの「行きたい」を引き出せるような投稿ができているでしょうか?

インスタ集客ではユーザーの「行きたい」を促すことこそが、「集客」につながる一番の導線になります。常にユーザーの「行きたい」を意識するように心がけましょう。

それではここから、具体的に集客につなげるための運用方法をご紹介します。

飲食店がインスタで集客するためにまずやるべきこと

「具体的にどうやったら飲食店でインスタグラムの来店に繋げられるの?」
「実際にどんな写真やストーリーなどを投稿していけばいいんだろう…」

なんて疑問に思っている人もきっといるはずです。

秘訣を話す前に、タグやメンションが自然に発動するまではそもそも大前提として投稿頻度を1日1回、ストーリーズ投稿は1日3回投稿するようにしましょう。更新しなければ、ターゲットにアピールするチャンスがありません。

飲食店がインスタを活用して集客に繋げるにはまず

  • 1:プロフィール欄に必要情報を記載する
  • 2:投稿写真に統一感を意識する
  • 3:投稿文章には写真の情報や感情を動かす情報を載せる
  • 4:関連するハッシュタグを入れる
  • 5:投稿内容に特典をつける
  • 6:ストーリーズをこまめにあげる
  • 7:ユーザーによる拡散

などがあります。

1:プロフィール欄に必要情報を記載する

インスタのプロフィール欄をお店の名前や写真だけにしていませんか?

投稿を見て、お店に興味を持ってもらえたとしても、「どんなお店なのか」や「何処にあるのか」がわからなければ、来店には繋がらないですよね。そもそもインスタで集客をしたいのであれば、お店の情報は必須になります。

プロフィール欄に載せる内容は、

  • お店のことをわかりやすく明示
  • 店舗情報(店舗名・住所など)
  • コンセプト
  • 料理ジャンル

はマストで載せましょう。

ビジネスアカウントにすれば、予約フォームや電話するなどのボタンも作れますので、それも適宜用意しましょう。

例文

例1)なにわのこだわりパスタのレストラン
・イタリアンレストラン〇〇渋谷店です!
・美味しいチーズと豊富なワインでおもてなし♫
・こだわりパスタがウリ
気軽に楽しめるカジュアルレストランなので、お友達・デート・ご家族どのシーンでもお楽しみいただけます!
地下にあり、隠れ家的なレストランとして好評いただいてます!
ご予約、テイクアウトも承っております。いつでもお電話ください
番号 03-××××-××××
住所 大阪市浪速区○-○-○ 天神ビル地下1階
例2)屋台からはじまった大阪ホルモン焼肉屋
・新宿にある、大阪ホルモン焼き肉〇〇です!
・お肉は全て黒毛和牛A5以上!!
・他ではなかなか味わえない希少部位が多数(ASK)
・お肉は全てスタッフがお客様の目の前で焼きます
上層階から眺める東京の夜景を見ながら、贅沢なひと時をお過ごしくださいませ。
ご予約は03-××××-××××
東京都新宿区○-○-○ 新宿ビル56階

ただ書くだけだと読みにくいので箇条書きや絵文字を上手に入れて見やすく書くことを意識しましょう。クスッと笑える一文が入っていると尚良です。

インスタアカウンに訪れた人に、3秒で伝わるようなプロフィールが理想的です。

2:投稿写真に統一感を意識する

飲食店がインスタグラムで集客するために一番力を入れるべきなのは「料理写真」です。「料理写真」はユーザーの「行きたい」を獲得する一番の武器になります。

1枚1枚の写真を綺麗に撮ることにこだわりすぎて、過去の投稿との統一感がなくなっていませんか?

統一感のある投稿例



統一感のない投稿例

目がチカチカして他の投稿を見ようと思わないですよね?

インスタグラムで大事になのは、1枚の写真よりも9~12枚ワンセットの統一感です。同じアングルから撮影したり、同じ場所で撮影するなどすると、統一感のある写真を撮ることができますのでぜひ参考にしてみてください。

統一感を出すためのポイント

  • 撮るアングルを統一する
  • 同じ場所で撮影する
  • 写真のサイズを統一する
  • 色味を統一する
  • 9〜12をワンセットに撮る

3:投稿文章には写真の情報や感情を動かす情報を載せる

投稿する文章に、「今日も楽しく営業しています!ぜひ美味しいご飯を食べに来てくださいね!」というようなありきたりな文章を作成していませんか?

このような、ただの投稿ではあまりいきたいと思いませんよね?フォローしたいとも思いませんよね?

なので、投稿する文章にはこだわりましょう。ぜひオススメしたいのは、まず前提として有益な情報であること、プラスユーザーの感情がピクリと動くような文章が入ると最高です。

少しむずかしいですが、頭に汗を書きながら考えていくことでセンスが磨かれていきますので頑張って投稿してみてください。

内容は、例えば投稿している写真の隠し味や料理方法、うまく作るコツなどを掲載してみたり。また、投稿している写真では伝わらない香りや味など、写真を見た人がその料理を、頭でイメージできるような文章書くと実際に食べてみたくなるのでGoodです。

インスタ見てたらめっちゃ美味しそうなお店あったからいきたいぜ!と思ってもらえる魅力的な文章が理想です。

4:関連するハッシュタグを入れる

お店に関連するハッシュタグはつけていますか?今までは、GoogleやYahooのサイト内で検索する人がほとんどでしたが、最近ではハッシュタグ検索する人がほとんどです。

インスタのフォロワーを増やす要はハッシュタグ!というくらいハッシュタグをつけることはかなり重要な要素です。

どんなハッシュタグをつけたらいいのかというと、ユーザーが知りたいなと思って検索するキーワード。これがお店と関連していることがポイントです。

例えば、

#店舗名

#店舗地域(都道府県・地域・駅名)

#料理名(関連性があれば複数でも可)

#ジャンル

#〇〇日

#ランチOrディナー

こういったものがタグになります。店舗やその投稿写真に関連するハッシュタグであれば、問題ないので複数つけましょう。店舗名など適切なハッシュタグを付けて投稿する以外にも、関連するハッシュタグもいくつか付けることでユーザーに見つけてもらいやすくなります。

注意点は、全く関連のないハッシュタグをつけることと、いっぱいつけることはオススメしません。インスタのシステムに投稿が認知されず、あなたの投稿をハッシュタグ検索してもヒットしなくなってしまうからです。

タグは最大30個までつけることが可能だと言われておりますが、15個〜20個がアルゴリズム的に最適だと言われております。

配分的には

5個・・・ビッグキーワード #◯◯1万件以上
5個・・・ミドルキワード  #◯◯5000件以上
5個・・・スモールキワード #◯◯5000件以下

理想です。

5:投稿内容に特典をつける

ただ、インスタグラムに投稿しているだけになっていませんか?せっかく広告費用をかけずに集客することができるようになるわけですから、ここではクーポンや特典をつけてあげましょう。

とはいえ絶対ではないので、クーポンや特典をつけたくない人は、つけなくても大丈夫ですよ。今までの広告費をクーポンや特典にしっかり反映させたらお客様に喜ばれるのは目に見えていますね。

インスタ映えするような、投稿したくなる良いものを提供すれば自然と拡散に繋がります。ここは独自で研究されるのがよいかと思います。

ぜひおもしろいアイデアを考えてみてください。

6:ストーリーズをこまめにあげる

インスタグラムには24時間で消える「ストーリーズ」というものがあります。普通のフィード投稿と違うのは、

  • 24時間で消える
  • 気軽に投稿出来る

というもの。ストーリーズを利用して、お店のリアルタイム情報やキャンペーン情報を配信しましょう。

フォロワーに向けてお店のリアルタイムな空き状況を配信することで、これから行くお店を探しているユーザーにアプローチすることができたり、キャンペーン情報を載せるのもひとつの手です。

お店の予約が少ない日などに割引キャンペーンを行い、それをストーリーズで配信することで、今日行くお店を探しているユーザーにアプローチすることができます。

お店を探すのが面倒だと思っている人は空き状況やキャンペーン情報が目に入ると「ここにしよう」という気持ちにもなりやすいですよね。

また、「気になってはいたけどまだ行けていない…」というユーザーも「空いているなら行ってみよう」、「割引してくれるなら行こう」と思う傾向にあったりもします。

こういった見込み客にアピールすることは集客に直結します。ストーリーズをうまく活用することで来店客数は確実に伸びます。

7:ユーザーによる拡散を促す

SNSのすごいところはやっぱり「拡散」です。「拡散」してなんぼです。お店のアカウントを育てる重要な目的には常に多くの人に見てもらうための拡散を意識しておきましょう。

ただしかしですよ、自分たちだけで「拡散」するとなると、かなりの時間と手間がかかり、効率も悪いです。

そこで、実際に店舗に来店してくれたお客様でインスタグラムをやっている方に拡散してもらうという方法があります。

お店のアカウントで行なう投稿だけだとアプローチできるのはフォロワーとハッシュタグで検索をかけてきたユーザーだけになります。

そこでひとつオススメのやり方としては、お店に関わっている従業員(店長、料理長、ホールの人)それぞれが個人アカウントをで発信すること。お店のアカウントの発信をタグ付けしてリポストしたりすると効果的です。

あとおもうひとつがお客様にお客様のアカウントにお店のことを投稿してもらうことです。投稿するときにはタグ付けを出来る限りしていただきましょう。

こうすれば、そのお客様のフォロワーにもお店のことをより知ってもらえます。まだお店のことを知らない人たちにアプローチできることにつながります。

拡散してもらうときのポイントは以下の2つになります。

  • 店舗のアカウントをタグ付けしてもらう→@メンション
  • ハッシュタグで店舗名を必ず付けてもらう

なかなかダグ付してもらえないよという方は、快く拡散してもらうためにも

「インスタグラムに投稿してくれたお客様は、お会計10%引き」
「さらに店舗アカウントをフォローしてくれたら+5%引き」

などの文言を添えてメニューと一緒に並べるのがオススメです。

まずはお店のことを多くの人に知ってもらうためにも、お客様に拡散してもらいましょう。

飲食店インスタグラムの集客成功事例

デリバリー&テイクアウト専門のサラダボウル専門店 SALAD

2016年9月にオープンした『サラド』は、デリバリー&テイクアウト専門のサラダボウル専門店です。

サラドインスタグラムをを見る

「メインになるサラダ」というコンセプトの通り、ボリューム満点、栄養バランスも抜群の「サラダボウル」を食べることができます。『サラド』は、クラウドファンディングサービスで資金調達をしたお店とのことですが、Instagramの活用方法もとてもお上手です。

まず、プロフィール。「どんなお店なのか」「何処にあるのか?」「定休日」「営業時間」などお店のことをわかりやすく明示して、さらにWebサイトを記載しています。

店舗情報は一度書いたら終わりではなく、2週に1回とかまめにブラッシュアップするのも飽きさせないためにもオススメです。

 


料理やメニュー以外にもこのような「食材」に関する投稿をするのも良いでしょう。お店の食材にどれほど拘っているのか、お店の裏側を魅せると効果的です。

こちらも提携している事業者さんとのやり取りのシーンをアップしています。よく「うちは新メニューとかもないし、メニュー数も少ないから投稿するものがない」というお声をいただくのですが、『食以外のコンテンツ』もインスタ集客における貴重な材料の1つです。

 

上記の例のように投稿を織り交ぜて紹介をすれば、「このお店で扱っている野菜はきちんとしたもの」という『ブランディング』になったり、「食べてみたい」という『来店促進』に繋がります。

日本酒 焼酎 ワイン リキュールのお店 酒乃店もりした

酒屋を経営しながら飲食店も経営する森下さんです。両方とも写真の投稿に統一感がありお上手です。

酒乃店もりした     酒蔵森下

酒屋の方はオススメのお酒の紹介、飲食店のほうは料理とそこにあうお酒を有益な情報を書いて投稿されています。

酒屋の方は1.5万のフォロワーがいて大変人気アカウントになっております。